FC2ブログ
英会話を学ぶなら♪
2008 / 03 / 07 ( Fri )
シェアブログluunaに投稿

サイマル・アカデミーの英語学校
数日前にもここで書かせてもらったんですけど、もう一度ここの英語学校のポイントに関して書かせてくださいね。
ココロもちょっと気になっている学校なので、みなさんの意見も聞きたくって^^

♡プレゼンやディスカッションスキルが鍛えられます!
⇒英語ニュースをテーマにグループで意見交換する機会を多く設けた参加型レッスンだから、プレゼンテーションやディスカッションを通して、「ロジカルに自分の意見をまとめ、表現する力」なんていうことなんかが磨けるんだそう。

♡通訳訓練法を導入!
⇒通訳学校として永年に渡り培ったノウハウを活かして、英語力の向上に役立つ通訳訓練法-サマライジング(要約)、パラフレージング(言い換え)などを導入したため、効率的に英語学習が進められるようになったそう。

♡社会問題や政治・経済などの時事ニュースを学ぶ!
⇒英語ニュースをもとに、独自に開発したワークシートで学習するんだって。
世界情勢や社会問題、政治・経済、文化、環境問題などの生きたテーマで学ぶから使える英語力が身につくんだって。

サイトでね、詳しく見られるからココロもよくよく見てみてたんだけど・・・コースもいろいろ、コースの中に学科なんかも色々。 しかもレベルに合わせた学習を促してくれるクラス分けも設けられていて、そのことで無理なく最も自分にあった英語の学習が出来そうだなって感じました。
講師からのメッセージなどを見ることで、どういった人から学ぶのかなどということも把握するキッカケになったし、何よりもキャリアアップサポートのことについての記述に興味を持ちました。
英会話教室に通って、結局旅行とかの趣味で最低限英語が話せればって思って学ぶんじゃなく、学んだその語学をね、ちゃんとキャリアとして使わせてくれる機会を与えてくれるって言うのがなんだかとっても嬉しく思ったの。
ココロもどうせ学ぶんだったら、その後自分のスキルとしてキャリアとして…アピールできる場が欲しいなって思うからね。

実際、顧客満足度の高い英会話スクールの3部門で1位を獲得するなどの実績を持つ英語学校だから、ココでならしっかりと身に付く英語の勉強が出来そうだなって思ったんだよね♡
サイトをよく見たことでね、より一層サイマル・アカデミーへの興味を持てたって言う感想ですね♪

スポンサーサイト



14 : 57 | 資格 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
通訳者養成+英語学校
2008 / 02 / 25 ( Mon )
シェアブログluunaに投稿

今日はまず、サイマル・アカデミーというビジネスに効く通訳学校の英語講座のお話を。

歴史的イベントをはじめ、主要国首脳会議などの国際コミュニケ-ション活動を、質の高い通訳・翻訳を通じてサポートするとともに、次代を担う通訳者・翻訳者の養成を行なっていうとういうこの通訳学校、実はね・・・1969年のアポロ月面着陸の時のテレビ放送で同時通訳をしたのが、サイマル・アカデミー創設者なんだそう。
同時通訳って凄い難しいんだよね? 相当な語彙を持っていないと出来ない仕事だし、その語彙をしっかりと両方の国の言葉で適切に訳して伝えなければならない。スポットライトは浴びないけれど、その影で彼らの活躍があるからこそ、国際的なニュースや会議で私たちもその全貌の把握が出来るのですからね。

通訳者や翻訳者を育成する学校ではありますが、ここの人気のコースっていうのは「実践英語コース」らしいんです。
ビジネスパーソン向けのコースらしいんですけど、通訳者や翻訳者を養成する学校だけあって、ここの実践英語コースはかなりイイらしいです。
そのヒミツは、「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」授業というところにあるんだそう。
決まったフレーズを覚えるという単調な授業ではなく、英語ニュースなどの生きたテーマでディスカッションを繰り返すので、楽しく効果的に英語力のアップがはかれるんだとか。
加えて授業では、通訳養成のノウハウを活かして英語力向上に役立つ通訳訓練法を導入しているそうで、実際にその成果は受講者の声をサイトで見ると実感できますね。
普通の英会話スクールなどに比べると、生きた英語を学べるという環境がとても人気だそうですしね。

オリコン調べの結果では、「先生の質」、「英語の習得度」、「クラスのレベル分け」の3部門で第1位を取ったという輝かしい結果も残していますし、ココロも語学を学ぶのならば、こういう評価の高いところで学びたいと思いますね。
評価が高いということは、間違いなくそれだけ多くの人がそこでの学習で身に付いた語学力によって利益がもたらされているということでしょうからね。
信頼性の有る学校なんじゃないかって印象を持ったわけです。
こういう印象って大事でしょう?
適当に選んでなんとなくスクールに通うのではなく、信頼性の高いレベルの高い学校で学ぶことによってメリット受けるのは、誰でもなく自分自身なんですからね。

英語以外にも、中国語やフランス語なんかのコースもあるようですから、興味のあるコースがあるのなら、一度サイトを訪れて見るといいかもしれませんね。
サイトでは、サイマル・アカデミーについてのほか、受講者や修了生のためのシステムについてなども記載されていますので、それを見るとますますこの通訳学校への興味が高まると思いますよ?

15 : 19 | 資格 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人生観を変えるフィジー留学
2008 / 02 / 06 ( Wed )
シェアブログluunaに投稿

何のために留学に行くんだろう?
学生の頃、留学の名の下に外国へ旅立つ友人を見て思った。
社会人になってから、お金を貯めて留学するのだと言う同僚を見て思った。

ココロは留学というものにさほど興味があるわけではない。
だけど、大人になって…というか、こんな年になった今になって思う。 やはり、人生観を変えるような出来事ってのは、自分から動かねば早々簡単に有り得ることではないのだということ。
留学はその機会ともいえるものなのだろうと思う。
学生の頃、将来を夢見て留学してた友達。
社会人になって、スキルアップのためにもと留学資金を貯めてた友達。
今になってようやくそれが良い選択であると気づき、自分がそれを望まなかったことを少し後悔してる。

だからといって、ココロにはこれと言って「○○だから留学する」と言えるような目的はない。 強いて言うなら、人生観を変えるために留学をしたいと思う。
大抵の人なら、留学と言えばまず語学留学を思い浮かべ、英会話のスキルを身に付け、就職やビジネスに有利になることを考えてするのかもしれない。
ココロにはそういう目的はない。
ただ…目的がないからこそ留学してみたいという気持ちなんですよね。
目的を探すために、人生観が変わるような留学をしたいって思うんです。

知らない土地で過ごす時間は、いつも「当たり前」だと思っている日常に別の顔を感じさせてくれるんじゃないかな?とか…そこで何かを体験することで、無気力に生きてる自分に何か目標を持たせてあげられるんじゃないかな?というような期待をもっているのかもしれない。
だから、ココロが留学するとして…誰かに「何のための留学」なのかを問われたら、その時はきっとこう答えるんだと思う。

「何かを探しに、留学して来るんだ」って。

more...
15 : 48 | 資格 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
装道ってわかりますか?
2008 / 01 / 24 ( Thu )
シェアブログluunaに投稿

現代の日本人のマナーの悪さには驚きますね。
電車の中での携帯電話の使用なんかが代表的なんじゃないかなぁ?
当たり前のように電車の中で着信音が鳴り、電源を切るように言われていても、鳴らなければ良いのだとプチプチと携帯ゲームをしている人も多く見かけますよね?
それこそ…老若男女問わず。

ココロ、前に電車の隣の席に座ったサラリーマンが必死に「テ○リス」をしているのを見たときにはガッカリしちゃいました(´・ω・`)
学生さんなんかは普通に大声で通話してたりしたし…優先席の傍だろうがなんだろうが、お構いなしっていう感じの姿勢が、なんだかちょっと悲しかった。

地面に胡坐かいて座っている若い子たちもよく見かける。 あれは通行の邪魔にもなるし、汚いし…みっともない。 道路は公共の場であって、座る場所ではなく歩く場所。 そういう風に考えられないのかなぁって…思っちゃうこともある。

いつからか、どこからか…ちょっとずつマナーが崩れて、守らないのが当たり前のようになってしまってる。 マナーを守らないことで生じる何か大きな事故でもない限り…むしろそれがあったとしても、結局「自分だけはやってもいい。」「自分ひとりくらい大丈夫。」なんていう観念があるからなんだと思うんですね。

でもね、このままマナーが守られない世の中がもっともっと悪い方向へ向かってしまうと、それはきっと秩序の乱れから今以上に治安の悪化、そして犯罪の横行…飛躍しすぎなのかもしれないけれど、そういう恐れが無いわけでは無いと思うの。

そこで、まずは趣味としてとか、単純に習い物としてでもイイから…マナーを学ぶってことをしてみたらいいんじゃないかな?って思うんです。
「装道礼法きもの学院」というところでは、きものの着装技術を学ぶことが出来るんですけど、それだけではなくて…きものの装いを通じることで、愛・美・礼・和の心、礼儀作法を学び、内面からも美しくなることを目指しているんですって。
質の高い講師陣が、丁寧に指導をしてくれるそうですから、質の高い作法が身に付くと考えられますよね?
修学生には、文部科学省・経済産業省認可 社団法人 全日本きものコンサルタント協会という公益法人から、〈きものコンサルタント〉〈礼法講師〉の資格が与えられるというほどに、その教育内容は、一般的に着付け教室と言われているところとは大きく違っているのだということもわかります。
それにね、高度な着装技術だけではなく、礼法をも身につけた卒業生達が、礼儀作法の欠如によって心配されている日本の将来を理想的な姿に戻すべく! 小・中・高校、大学にまで足を運んで、人間教育に力を注いでいるということも「装道礼法きもの学院」の実績のひとつとして挙げられるみたいですね。

日本人特有のきものを纏い、しっかりとした礼儀作法を身につけることは、これからの未来に生きる人間としては欠かせないものなのではないかとココロは思うの。
そして、学ぶのなら中途半端にではなく、質の高い徹底した教育を受けるべきなんだと思うんですけど…どうでしょう?(´・ω・`)
しゃんとした身なり、美しい立ち居振る舞い。 正しい礼法。 これって、自分の自信にも繋がると思うんです。
だからこそ、今これを学ぶ人が増えているのではないかとココロは考えています。 大人になれば身に付くというわけではない。 きちんと身につけた大人が、子供に教えてあげることで受け継がれるのですから、まずは大人が正しい礼法を学ばなければいけないのよね。

ココロももうオバチャンですけど、礼法…できていると思っているのは自分だけかもしれませんからね。 もしかしたら、他人の目には無作法な人間に見えているかもしれない。 こんな風に不安を感じないためにも、やっぱりきちんとした礼法を身に付けたいと・・・ココロは思う。
みなさんも、興味があればサイトをご覧になって見てください。
動画も設置されていて、見学が出来るようになっていますから、記述と合わせて閲覧してみてはどうでしょうか?

23 : 13 | 資格 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
短気集中で英会話を学ばせて?!
2007 / 11 / 20 ( Tue )
シェアブログluunaに投稿

ココロは英会話は全く出来ません。
勿論、出来ることならしっかりと身につけたいと思っているスキルの一つではあるんだけれど…なかなかスクールとかに通える時間もなくって。
それにね、正直英会話スクールってどのくらい通えば日常会話ができるようになるんだろう?とかっていう素朴な疑問もあるんです。
じっくり何年も通うようなことになれば、金銭的な負担もあるし…通うのも楽じゃないし。

希望としては、短気集中で叩き込んでくれるような英会話スクールがあったらいいなぁって思うんですよ。
ほら…留学みたいな感覚でやってくれるスクールなんかがあったらいと思わない? 留学するにはちょっと不安もあるけれど、国内でこういう環境を作るというか…自動車の合宿免許を取るように、英会話も合宿みたいな感じで、ネイティブの講師の方々と生徒さんたちが一緒に生活するの。
国内でプチ留学みたいな。
そういうシステムなんかがあったら、ちょっと試してみたいかも。
毎日通う手間も、何年も通い続けることもなく…短気集中ガッツリ英語漬け!!見たいな感じで。

今思えばさ、子供の頃から英会話に親しんでいればこんな年になって英会話習いたいとかって考えることもなく、日常会話くらいは出来るようになってるのかもしれなかたのになぁ…
まぁ、仕方ないよね。時代ってヤツです。

今の子供や若い方々には、ココロのように脳が衰えてからではなくて、出来るだけ早い段階で英会話をマスター出来るようにがんばったらいいと思うよ?きっと、今後ますますそのスキルは必須になってくると思うからね(´・ω・`)

英会話

子供英会話なら子供・幼児英会話教室ナビ。オフィス移転
この記事はブログルポの英会話特集の依頼により執筆しました。
14 : 27 | 資格 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ