スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フィジーウォーターを飲みながら・・・
2008 / 02 / 25 ( Mon )
シェアブログpiskに投稿

続いては、世界が注目するセレブ御用達の「FIJI Water(フィジーウォーター)」ってのをご紹介。 これ、聞いたことありますか?
なんでも手付かずの自然が残る太平洋の楽園フィジーで採水された、とてもまろやかなナチュラルミネラルウォーターらしいんです。 そのまろやかな口当たりが魅力のフィジーウォーターは、世界最高級の5つ星ホテル、高級スパ、ミシュランスターレストランなんかでも利用されてて、有名ハリウッドスター、ハリウッドセレブ、日本各界の著名人などにも愛飲されているんだとか。
その「FIJI Water」が遂に日本上陸ってことで、ココロもそれを機にこうやって初めて知ってここで紹介しようって思ったというお話なんです。

その「FIJI Water」の魅力というか・・・その美味しさのわけみたいなのが、ボトルに書かれているんだそう。 だからね、商品そのもののことを知らなくても、ボトルを見ればこれの良さが大体把握できるっていう感じになっているみたいなのね。
美味しさの理由は、以下のように全部で6個書かれてます。

♡このおいしさは、世界唯一の味。
⇒熱帯雨林に降ったピュアな雨水が何百年もかけて火山岩層によってろ過され、シリカ(骨を強くしたり、関節やお肌、つめや髪の毛の原料となるといわれている。また、まろやかな味を実現する役割を担う。)を含みソフトで滑らかな味に。

♡あなたが飲む水はどんな環境でつくられていますか?
⇒美しい手つかずの自然が残るフィジーで採水され、本当にピュアな水が採水される。

♡Artesian Waterとは?
⇒地底深く、地表との僅かな接点もない水源から採水された、ピュアで妥協のない水。

♡誰の手にもふれず、あなたの手元へ。
⇒最も注意を払っていることは「水に触れないこと」。

♡世界の環境を保護する水。
⇒環境保護に力を入れ、二酸化炭素削減や森林再生をはじめ、環境保護活動を推し進めています。

♡フィジーの森をまもる水。
⇒フィジーの最も大切な資源である森林を、フィジーの人達と一緒に守ってる。

これだけ見てもなるほど、と頷きたくなるんですけど・・・それだけじゃないんです。 セレブたちからも愛されているこの「フィジーウォーター」はデザイン性にもこだわっているの。
ボトルの表面にはハイビスカスの花をデザインし、内側部分にはシュロの葉を描いて、正面から見るとまるで一枚の絵画のように見えるデザインをしてるんです。
南国を思わせる爽やかで可愛らしいデザインが、その味とともにセレブたちに愛されているというわけですね。

このデザイン性の高さから、有名な映画や海外の人気ドラマの劇中でも使われていることが多々有るのだとか。 実際にこっちでも放送されている人気の海外ドラマをチェックすると、その中にキラリと「FIJI Water」が輝いちゃっているかもしれないわけですね( *´艸`)ムププ
ココロは滅多に海外ドラマなんかは見ないんだけど、こういう情報聞くとちょっと見てみたくなっちゃうかもw で、「FIJI Water」探すのよ( *´ノェ`)コチョーリw

ココロだったらそうだなぁ・・・FIJI Waterを飲むシュチュエーションとしては、セレブ気分で味わいたいです♡
お風呂あがりとかにソファに腰掛けて、ガウンなんか羽織っちゃったくらいにしてね( *´艸`)ムププ で、何気なく海外ドラマのDVDとか借りておいて、それを見ながら「FIJI Water」で湯上りの水分補給(*ノω`*)テヘ
借りてきた海外ドラマに「FIJI Water」が映ったりしたら、出てる俳優さんと自分がリンクして、「FIJI Water」もドラマもより楽しめそうじゃない?

あとはそれこそ高級スパや5つ星ホテルなんかに泊まってさ~・・・そこでお酒やジュースじゃなくて、健康を考えて「FIJI Water」を飲むの♪
ハリウッドスターみたいに、どこへいくにも持ち歩いてさ~・・・いつでもどこでもセレブ水!みたいな(´゚艸゚)∴ブッ
何だか想像力が乏しいけれど、セレブたちが持ち歩いたり空輸したりするくらいに愛飲してるっていうしね、多分一度飲んだら美味しさに病みつきになるんじゃないかなぁ?
セレブの仲間入りとは言わないけれど、そういう気分を手軽に味わえるようなひとつのアイテムとして、ココロも「FIJI Water」を持ち歩いてみたいのですΣ(ノ∀`*)ペチッ

スポンサーサイト
17 : 10 | 美容・健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おサイフくん、貼ってみたよ♪ | ホーム | 通訳者養成+英語学校>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://viphome.blog32.fc2.com/tb.php/627-3cebc5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。